manpy ギター 趣味

Tak Matsumoto DC Aqua Blue 改造1

投稿日:

こんにちは、manpyです。

前回の記事にも書きましたが今回Tak Matsumoto DC Aqua Blueの改造を実施しました。↓前回の記事

Tak Matsumoto DC 改造計画

施行はバンドのリードギターの方にやっていただきました、ありがたや。

今回の改造点は以下の3つ

・配線材交換

・コンデンサー交換

・ピックアップ交換

です。

トグルスイッチやポット以外全部交換しました。

実際に私が作業したわけではないですが、詳しい工程はコチラに載っております。

Before

After

見た目だけでいくと灰色のチューブでまとまっていた細い撚り線の1本1本が、ヴィンテージのシールドワイヤーにグレードアップ。

オレンジ色の鼻くそみたいなコンデンサーが汚いカルパス(Zenith)に進化。

そしてピックアップはBurstBucker2,3からVintage ManiacsのHystericPAFに交換。

一気にここまで変えたので配線材やコンデンサー単体による音の変化はぶっちゃけレビューできません。

ただ1つ言えるのは、音めちゃくちゃ良くなりました。

交換前で気に入らなかった部分としては

・センターやフロントで音がもこつく

・音が暗い、モヤがかかった感じ

・レンジの癖が強い

こんな感じですが、全て払拭されました。

今回搭載したピックアップはリアとフロントで出力に差をつけており、フロントの出力が低めとなっています。

そのおかげか全体として非常に音がクリアになって分離感もあります。調整もしっかりしてもらったおかげか各弦毎の出力・レンジのバランスがうまくまとまっています。

今まで出過ぎていたローがスッキリして、今まであまり出ていなかった高音域がちゃんと出てきます。

フロントの音がたまらなく良いです、今までモコモコしていた音がスッキリと艶のあるサウンドになってます。

間違いなくピックアップの影響が大きいでしょうけどレスポンスがめちゃくちゃ良くなって弾きやすくなりました。

そして非常にセンシティブ。ピッキングニュアンスをよく拾うので練習になります。腕を磨けば磨くほど良さが出てくるピックアップですね。

このVintage ManiacsのHysteric PAFというピックアップは実際にB’zの松本さんもレコーディングで使用されているとか。

G’Seven Guitarsという松本さんの使用されるギターの調達や調整も行っているお店で取り扱っているピックアップになります。

コチラでその記事が読めます。

 

今回行った(行ってもらった)内容としては配線材、コンデンサー、ピックアップの交換。弦高調整、オクターブ調整といったトータルセットアップをやりました。

ここまでの内容をショップに出してやってもらうと1万円以上かかる内容です。ありがたや。







-manpy, ギター, 趣味
-, ,

Copyright© おっさんの趣味だったり勉強だったり , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.