B'z manpy

B’z SHOW CASE 2020 5ERAS -DAY2- 感想

投稿日:

こんにちは、manpyです。

先週土曜日にB’z SHOW CASE 5ERASのDAY2が配信されました。

DAY2感想

時期としては予想通りThe 7th Blues~SURVIVEまででした。

セットは割と無機質な感じのセットになってましたね、DAY1は液晶ビッシリでしたけどDAY2では液晶ビジョンはなく、コンクリートみたいな壁になってましたね。

1曲目のLOVE IS DEAD~ラストのCallingまであっという間でしたね。DAY1は17曲でしたがDAY2は15曲と曲数が少し減りました。

その分茶番とかメンバー紹介で時間をとっていたように感じました。

選曲といい、演出といい・・・最高でした。

特にlove me I love youの稲葉さんがZeppHanedaの中からエントランスの外にまで出て歌う演出が好きでした、斬新。その演出の中でDAY3サポートメンバーの満園さんと黒瀬さんが登場したのも嬉しい演出でしたね。

闇の雨もかっこ良かったなぁ・・・。

使用ギター

おそらく以下のギターを使用されていたと思います。

musicman EVH modelのピンクとトランスゴールド。

Gibson Les paul Custom(清正)

Gibson 1957 Les paul Gold top

Gibson 1955 Les paul Gold top?

Gibson Canary Yellow

Gibson Tak Matsumoto DC Gold Top AGED

Fender SRV stratocaster(TAK仕様)

おそらくこんな感じかと。

途中でピックアップカバー付きのゴールドトップを使用しており、おそらく1955年製のゴールドバックのモデルではないかと思いますが自信はないです。

もうりまっか+茶番でSRVのストラトを使っていましたが、アンプの設定も影響しているでしょうがストラトにしては太くて甘い音がするなぁと感じました。

ちなみにピックガードのSRVの文字をTAKに変更し、ブリッジをデフォルトの左利きタイプから右利きのタイプに交換してあるTAK仕様となっています。

そして、いよいよDAY2でご自身のシグネイチャーを使用しましたが頻度としては少なかったかなぁ。Canary Yellowはハーフダウンの曲に、DCは最後のCallingで使用していたくらいですね。

DAY3~はGibsonシグネイチャー全盛期となってくるので是非ともシグネイチャーモデル使って欲しいですね。

 







-B'z, manpy
-,

Copyright© おっさんの趣味だったり勉強だったり , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.